こんにちわ!キングオブコントのロッチが決勝でなぜあのネタを持ってきたのかわからないbehomaです。
一回目のネタがあんなに面白かったのに。。。
 

キングオブコントを見ながら、adobeのページを眺めていたら
 
Creative CloudのTypekitサービスに提供を開始することを発表とのニュースが。

えっマジで?
もしかしてリュウミンとか使えちゃうの?

と思って調べてみたら使えました。

 
スポンサーリンク

 

早速Typekitのサイトにいってみました。
メニューバーにあるCreative Cloudをクリック→アセットのフォントを選択→Typeからフォントを追加を選択
 
menu
 

Typekitのサイトに飛びます。

早速出てきました。「モリサワフォント」
 
font

TypeBankのフォントもあります。
 
font1
 
この中で使用したいフォントをクリックします。
別画面が開き、あとは同期するを選択するだけでダウンロードが終了します。
 
Illustratorで試して打ってみます。
morisawa

 

おーーーーちゃんとできてる!!素晴らしい!!
モリサワとタイプバンクから提供されているのは計20書体です。
 

webフォントでも使用する事が出来ます。

 
「キット」から「新しいキットを作成」を選択します。
 
kit
 
キットを作成の新しいウィンドウが表示されます。
 
kit1

①名前にはわかりやすい名前を入れます。管理しやすい名前であれば何でも良いです。

②ドメインは使用するドメインを入れます。複数入れても可能です。
するとデフォルトの埋め込みコードが表示されます。

script

これをbodyタグ直前に貼り付けます。
 
これでキットが完成しました。しかしこれだけではキットに何も入っていない状態なので作成したキットにwebフォントを追加します。
 
適用したいフォントを選択します。

select
 
タブで「web」を選択するとキット名を選択する画面が表示されます。
 
 
select1
 
さきほど作成したキット名を選択します。
 
選択したwebフォントがキットに追加され、利用方法を設定する事が出来ます。特に何も変更しないで良いと思います。
 
select2
 
公開を押します。公開を押さないと更新されないのでかならず更新は押すようにしましょう。
 

select3-1
 
あとは記載されているセレクタを使用してcssでフォントを指定してあげると見事に表示されます。
 

リュウミンで表示

美しい日本語

 

タイポスで表示

美しい日本語

 
 
モリサワフォントは中々敷居が高い有料フォントでしたが、こういう形で提携してもらえると本当に嬉しいです。

これで皆さまもどんどんDesignの幅を広げていって下さい!!

モリサワのフォント良い感じです。

 
スポンサーリンク