前回のヘルペスがどれほどきついかを世界の中心で愛を叫ぶばりに語るパート1から少し経ちました。

毎度毎度で申し訳ないですが、
僕は

・前立腺炎(慢性)←かっこまんせいと打つのが辛い

・いぼ痔3つ(外痔含む)←かっこがいじふくむと打つのが辛い

・ヘルペス(再発中)←かっこさいはつちゅうと打つのが辛い

と全然治らないで有名の病気達にかかっています。
病院から処方される薬もタブレットみたいにいつも飲んでいます。
 
ここまで医療が発達しているのに、全然治らないってどういうこっちゃ!!と言いたくなるのですが、今は完全に慣れてしまってなんとも思っていません。ライフスタイルの一部だと受け入れております。
 
しかし、世の中には受け入れれない人も多いかと思います。
特にヘルペスは治らないですし、他人に移すということをキチンと理解しておかないといけません。
 
今回はそんなヘルペスのあるあるをお伝えしたいと思います。

 
スポンサーリンク

 
 

1:マジで凹む

これは鉄板ですね。セカイノオワリっていうぐらい凹みます。
だって、治らない性病ですからね。

僕も初めてかかったときはドラゴンナイトが頭から離れませんでした。
 
 
 

2:口内ヘルペスと性器ヘルペスの違いで何度もググる

これもあるあるですね。
そしてあまり理解しないまま、とりあえず口内ヘルペスと性器ヘルペスは違うんだという事だけ理解し、ウィンドウを閉じます。

そして、再発した時にまたググります。
 
 
 

3:抗生剤の値段の高さにビビる

これはマジで勘弁して欲しいです。抗生剤って本当に高いんです。メチコバールぐらいの安さで提供して欲しいものです。
 
 
 

4;毎日抗生剤を飲むという謎の治療法がある。

これは再発を繰り返している人限定に進められる謎のメニューですが、ヘルペスが再発するのを見越して抗生剤で止めるという謎の治療法があります。

毎日抗生剤を飲んで再発を防ぐというものです。値段もかなり高いです。

これを聞いて僕は思いました。
 
 
えっただの地獄やん。
 
 
 

5:泌尿器科にいくと座っている患者さん達が全員性病に見える

これは絶対的なあるあるですね。受験勉強で周りが頭良く見えるのと同じで泌尿器科でも同じ現象が起きます。

違うのはわかっています。おじいちゃんとかもめっちゃいますし。

でも、本当に申し訳ないですけど僕は心の中でおじいちゃんも性病と思っています。

 
 
 

6:慣れる

もうなれちゃいます。再発する瞬間までわかっちゃいます。
注射のするときに
「ここから打っちゃって下さい」
とか血管も指定しちゃいます。
それぐらい慣れちゃいます。

 
 
ヘルペスの1番の敵はストレスです。
ヘルペスのことを考えて、ストレスが溜まってしまって再発してしまっては本末転倒です。

「私はヘルヘルの実を食べた、ヘルペスの能力者」というぐらいの感覚で考えておきましょう。

再発しない人は全然再発しないですし、再発しても抗生剤をちゃんと飲んでいればすぐに治ります。

健康な生活を第一に考えて、ストレスのない生活をして下さい!仲間は沢山いますよ!

 
スポンサーリンク