こんにちわ!やる気スイッチがオンの時はオナラが出る仕組みになればオナラも恥ずかしく無いと思うbehomaです。

僕は技術が無いデザイナーなので、本を沢山購入します。
しかし、購入するだけで満足するという謎の病気にかかってしまって読まないまま放置する事が多いです。

でも購入する段階で良い本だという事は自負しております。立ち読みをタイタニックの上映時間ぐらい見る僕が購入したものなので良いものに違いない!!

という事で今回は僕が推薦する!読まないけど是非持っておきたい本をご紹介したいと思います。

 
スポンサーリンク

 
 

sassの教科書

 
ウェブデザイナーとしてsassの知識は持っていきたいものです。

なぜ、sassは便利なのか?

なぜ、コマンドプロントを使ってまで使いたいのか?

なぜ、compassを機能を使うと作業効率がアップするのか?

 

などが記載されている予感がしたので購入しました。

内容はパラっとしか見ていないですが、初心者でわかりやすくカラーページで構成されていて非常に見やすいです。

僕はこれを購入した理由はsassに興味なかった僕を立ち読みという少ない時間でsassに興味を持たせる内容だったからです。

結果、読んでいませんが「sassに興味がある人」なら満足するはずです。
 
 

学校案内のデザイン

 
大学・専門学校と学生をつなぐ学校案内のデザイン。
パンフレットを作るときに参考になればと思い、購入しました。

すべてカラーページという事とこういう本の需要がない為か4000円ぐらいの値段がしました。購入するかどうかをタイタニックの上映時間ぐらい悩みましたが、必ず自分の血となり肉となる自信があったので購入しました。

しかし、内容は立ち読み時にアルマゲドンの上演時間ぐらい見たので購入した後に、見る事がなくなってしまいました。

内容はおしゃれな学校案内のパンフレットをまとめたものです。

結果、読んではいませんがいつかアイデアが必要な時の為に手を伸ばす日が来ると思っております。
 
 

デザインの組み方 見てわかるレイアウトの新ルール

 
紙面での仕事で、良いレイアウトが全く浮かばなかったので本屋に走って見つけました。
beforeとafterでデザインが変わるという説明を丁寧にフルカラーで説明してくれます。見出しの場所や、フォントの選択、色使いなどを詳しく説明してくれているはずです。

少なくとも立ち読みの段階では説明してくれていました。こんなレイアウトに絞った素敵な本はないと思い、テンションマックスで購入しました。

しかし、本を購入して家に着くと同時に良いレイアウトが降りてきたので無事にレイアウトを組む事が出来ました。
 
そのため、全く見ていません。
 
その後も何度も紙面をデザインをする機会があったのですが、やはり見ていません。

しかし、デザインのレイアウトで困っている人は見て後悔が無い内容になっていると思います。

僕は見ていませんけど!!
 
 

ほめられデザイン辞典レイアウトデザイン

この本は紹介した中で
 
1番見ていません。
 
どれぐらい見ていないかというと、ブログを書いている途中に初めて気付いたぐらい見ていません。

この本は立ち読みとかじゃなくてamazonという通販で購入しました。僕が通販で本を購入する時はどうしても欲しい本の場合のみです。

なので、これは見ていないというよりは届いたことを忘れてしまってそのまま放置したというのが正しいです。

これから見るかもしれませんし、見ないかも知れません。
少なくとも当分は見るテンションではないので見ないと思います。
 
 

よくわかるInDesignの教科書

 
ページ数が多い案件だったのでIllustratorだけじゃなく、InDesignも使いこなしたいという気持ちで購入しました。

今、見ると初めのページあたりに付箋を貼っているのを発見しました。
付箋は忘れない為に貼るものなのに、付箋を貼ったことを忘れてしまっているという謎の現象が起きております。

ほとんど見てはいませんが、
InDesignの操作方法が細かく記載されているはずです。
だって「InDesignの教科書」なんですから。
 
 

After Effects CC マスターブック

 
これからの時代は動画もちゃんと編集や作成を出来るようにならないと生き残れないという事で、勉強する為に購入をしました。
あと、プロジェクションマッピングにも凄い興味があったので。

と偉そうな事を言っていますが、結局は全く見ていません。

内容はAfter Effectsの操作方法がわかるという素晴らしい本なはずです。本は悪くありません。見ていない僕がすべて悪いのです。

この本を家で見つけた時に思いました。
 
 
「After Effectsってなんや」
 
 

After Effects standard Techniques4

 
はい。全く反省していない。僕です。

After Effects CCを買った時に、After Effectsで色々作れたら最高だなと思い、After Effects CCを買った一週間後に購入しました。

After Effects CCを一度も見ていないのにです。
 
アホすぎるやろ!
 
と自分で自分を責めたいと思います。
今も全く見ていません。

内容は映画っぽいタイトルとかを手軽に作成出来るという素晴らし内容なはずです。
 
 

まとめ

やっぱり感情的に購入すると読まない事が多い事が分かりました。
まだまだ読んでいない本は沢山ありますが今回はクリエイティブな本を紹介いたしました。

これから少しずつ読んでいない本を読んでいきたいと思います。

皆さまも本棚にある

「読んでいない本」を読んでみてはいかがでしょうか?

 
スポンサーリンク