こんばんわ!寒いのが大っ嫌いなbehomaです。
冬になると便座の寒さがイボ痔を刺激します。最近では温かい便座もあって最高だなと思うのですが、1つどうしても許せない事があります。
 
スポンサーリンク

 
 

トイレットペーパーの三角折り。

これ本当に嫌なんです。

確かにトイレットペーパー取りやすいし、キチンとトイレ清掃をしてるんだなって思います。でも三角折りだけは嫌なのです。

だってあれ、全然知らない人が素手で触って折ってるんですよ?しかもかなりの広範囲に渡って。

大袈裟に言うなら、全然知らない人の手が僕の肛門に触れている状態なのです。僕の場合だとイボ痔に全然知らない人の手が触れているという事になります。
 
 
この誰も得しない状況は一体なんなんだ!
 

「便座なんて全然知らない人とケツを合わせているじゃないか!」

 
と思う人もいると思います。しかし、それを言ってしまうと、ドアノブは汚いし服なんて皆が試着したものを買う訳です。
 
今回僕が言いたいのはそういう事ではなく、トイレットペーパーの三角折りは義務じゃないという所です。やらなくてもいいのです。
 
 
言わばサービスです。
 
 
そしてこのサービスは不要なサービス。マックのスマイルと同じです。
 
例えば、

全然知らない人が僕が便座に座る前までお尻丸出しにして便座に座るサービスがあったとします。

こんなサービスいりますか?
 
 
絶対にいらない!
 
 
そして例え下手すぎっ!!
とにもかくにもトイレットペーパーの三角折りサービスは不要だと思うわけです。
 

「何で自分の手が全然知らない人の肛門を触らないといけないんだ!」

 
と清掃員さんも絶対に思っているはず。
 
 

まとめ

色々言いましたが、結果僕が言いたいことは

「そもそもうんちする奴にサービスは必要ない。」

これです。

 
スポンサーリンク