こんにちわ!安いカーディンガンの匂いが気になるbehomaです。ってそんな事より
昨日書いた記事
 

 
スポンサーリンク

 
 

を書いた後に本当にそこまで色の効果があるのかと思い、オーストラリアのパッケージを調べてみました。すると
 
tabacco
 
 
いや臓器丸出しっっっ!!これ絶対色の効果じゃないっっっっっっっっ!!!!
 
 

確かに世界一醜い色ドラブ・ダークブラウンが使われてるけど、購入者が減ったのは臓器丸出しだからと思うわけです。色なんて二の次三の次でしょ!
 
こんなに臓器丸出しやったら誰でも買う気失せますね。ここまでしてやめさせたいオーストラリア。さすがです。正直ここに画像は載せませんがオーストラリアのタバコには他にも過激なパッケージが沢山あります。
 
僕もオーストラリアに生まれていればタバコを吸わなくて済んだのにと思ってしまいます。
 
にしても、こんなパッケージを持ってるだけでグロテスクですし、もしかしたら警察官に臓器を持っていると勘違いされて逮捕されるかもしれません。日本では持てないだろと思ったらこんな記事を発見

http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20160608-00000012-ann-bus_all
 
 
引用

オーストラリアやカナダのように健康被害を象徴する写真を表示することを検討課題としました。

引用終わり
 
 
まじかっ!!いや、まじか!!
 
 

そうなればさすがに僕もやめたくなります。だって喫煙所に行けばみんな臓器が描かれた箱からタバコを取り出して火をつけて吸っている訳ですから。これは正気の沙汰ではありません。
 
また、現在タバコに記載されている

健康への悪影響を警告する文言

 
も増えるとのこと。もっと過激な表現が増えるかもしれません。
 
タバコという名の税金を収めている喫煙者の僕達。確かに歩きタバコやポイ捨てする人がいる限り非喫煙者からすると喫煙者は悪なのかもしれませんが、現在はアイコスやプルームテックなど煙が出ないタバコも発売されております。しかも人気で売り切れという事。喫煙者も努力しているのです。
 
だからこそ僕はお願いしたい!
 
 
臓器丸出しのパッケージだけはどうか勘弁して下さい!
 
 

 
スポンサーリンク

 
 

まとめ

9月から改定案を作成するとの事なので今のうちに無駄なアピールをしておきます。
どうしても臓器丸出しのパッケージにしたいなら牛の臓器にして欲しい!!