こんにちわ!全然ブログが更新出来なくて悲しいbehomaです。
なぜブログが更新できなかったのか。理由は以下の通り
 

風邪を引いていた。

仕事がデスマっている。

奥さんが怖い。

 

以上の3本となります。最後の奥さんが怖いというのが1番大きいかと思います。精神的ダメージが大きくてブログを更新している余裕もございません。

 
スポンサーリンク

 
 
そんなことより、ヤフーニュースを見ているとこんなニュースが。

タバコ健康被害は本当か? なぜ「喫煙者減」なのに「肺がん増」なのか
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160924-00000012-zuuonline-bus_all

 
 

引用

厚生労働省の人口動態統計から見た人口10万人当たりの喫煙者率と肺ガン死亡率の推移だ。1950年から2010年の60年間を見ると、喫煙者数は減少しているのに対し肺がん死亡者数は70倍にも増えていることが分かる。

引用終わり

 
 

今はどこでも自由にタバコを吸えない時代。喫煙者にとっては肩身が狭いです。福岡はまだ吸える店は結構あるのですが東京なんて吸う場所が少なすぎてタバコをやめる人が続出との事。
 
まさに言いたいことも言えないこんな世の中じゃポインズン状態!
って例え下手すぎ!
 
そんな事はどうでも良くて、昔の時代の男はとにかくタバコが大好き。1966年代は83.7%吸っていた喫煙者が今では30%にも現象しました。って逆に83.7%って吸いすぎやろっ!!日常が雀荘状態!とツッコんでしまいそうになりますが、どんどん喫煙者は減少していっています。
 
そんな僕は20代の頃はかなりのヘビースモーカーで、
 

「俺、絶対に肺がんなるわー」

 
と意識高い系の「クラブではしゃぎすぎて2時間しか寝てないわー」ばりの言い方で訴えていましたが、このニュースを見る限り肺がんの影響は少なさそうで少しホッとしております。
 
しかし、重要なのはこの後の記事。

 
 

引用

1日1箱、毎日タバコを吸っている人は1年間でコップ1杯分のタールを飲んでいるとも言われている説もあるので

引用終わり

 
 
うげーーーーーっ。
 
 

これです。この記事を見てからずっと喉がうげうげ言っております。

 
 

まとめ

ガンはやっぱり遺伝の可能性が高いみたいです。タバコは肺がんの影響は少ないかもしれませんが、タールをコップ一杯飲んでいると知って、半端なくうげーっとなりました。
 
ちなみにニコチンはアルツハイマー病にも効果があるみたいです。嘘やろ!!と思っていましたが、90歳ぐらいのおばあさんが庭先でタバコを吸っているのを見ると、少しは効果があるんじゃないかと感じてしまいますね。

 
スポンサーリンク