こんにちわ!あまりの忙しさにhitomiもびっくりなbehomaです。
まさにbusy now状態な訳です。
 
スポンサーリンク

 
 
そんなことより今回はglo(グロー)についてです。

先日の記事

 

でも記載しましたが、英BATから12月12日加熱式タバコglo(グロー)が発売となります。
そんなglo(グロー)の実機が公開されています。
 
1

世界初!次世代”加熱式”タバコと記載されております。
この世界初に非常にひっかかる訳です。
アイコスやプルームテックも加熱式タバコ。このglo(グロー)は何が違うのか?
 


・世界初の一体型


 
2

glo(グロー)はアイコスやプルームテックと異なり、完全一体型となっています。
アイコスは充電器と本体が別々になっており、プルームテックも本体と吸うやつは別々になっています。しかしglo(グロー)は一体型!!

 
 
はーいっ!!!世界初っ!!
 
 

いやそれだけかいっ!とツッコんでしまいますが。とりあえず一体型は間違いございません。

 


・glo(グロー)の特徴


 

・1回の充電で30本吸う事が出来る
・連続で吸う事が可能
・重さは100g。※iphone5s(古っ)ぐらいの重さです

 

という事。連続で吸う事が出来るのは素晴らしいですね。本数も30本と多いです。

 


・吸い方


 
吸い方も非常にシンプル!
 
3
 
4
 
 
タバコをglo(グロー)に挿して
 
 
8
 
真ん中の円のボタンを押します。
すると振動とともに4回点滅します。

そう。振動とともに。
 
 
振動するんだー!!すげー!!
 
 

40秒待つと吸う事が出来ます。

そう。40秒。
 
 
結構なげーーっ!!
 
 

7
 

アナウンサーさん:「吸った感じは紙タバコと変わらない?」

素敵なお姉さん:「そうですね。特別に加工されたタバコを外から加熱する訳です。」

 

という事らしいです。個人的にアイコスもプルームテックも吸ってきた僕としては紙タバコの味と変わらないのは中々難しいのではと思っております。

40秒経ったので早速吸ってみるとのこと
 
 
5

6

白い煙が出ましたが、これは霧状のベイパーとなっているみたいです。霧状のベイパー

いや、言い方オシャレすぎて逆に意味わからんっ!!
 

アナウンサーさん:「紙タバコと同じ味でしたか?」

素敵な男性:「味わいとしましては加熱する事で味わいを抽出出来るようになっておりますので、それを普通に楽しんで頂けます。」

 

という不思議な回答。これは紙タバコと異なる味説が濃厚。
まさにプルームテック状態!!

プルームテックは紙タバコと味がかけ離れていますからね。このコメントを聞く限り、少し味の面では心配になります。
 
ってかアナウンサーさん、めっちゃ味が紙タバコと異なるか聞くやんっ!!

 


有害物質を約90%カット。


 
glo(グロー)は紙タバコに含まれる9つの有害物質の90%をカットしているとのこと。
アイコスやプルームテックも同様。やはりここは有害物質がカットされています。素晴らしいですね。
 
glo(グロー)やアイコス、プルームテックを吸っている人は害が少ないということになります。非喫煙者にとってもとても優しい設計になっている訳です。

 
スポンサーリンク

 
 

まとめ

色々説明してきましたが、glo(グロー)の購入は

発売日:12月12日
値段:8000円
そして仙台市限定の発売となります。
 

アナウンサーさん:「品切れの心配はないですか?」

素敵な男性:「1人でも多くの人に行き渡るように十分な数量を準備しております。」

 
プルームテックは一撃で売り切れてしまって、当面手に入らない状態になっているので、glo(グロー)はそうならないことを祈るばかりです。でないと転売されまくりまラクリマクリスティになります。
 
glo(グロー)は通販では手に入れる事が出来ません。ガチの仙台市のみの販売となるので、仙台市にいらっしゃる方はぜひ手に入れてみてはいかがでしょうか?

もっと詳しく知りたい方はコチラから動画を見る事が出来ます。

http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20161121-00000375-fnn-bus_all