お久しぶりです。behomaです。気付けば年があけて初めての投稿となります。この空いていた時間に何をしていたかというと
 

・仮想通貨を買っていた
・その仮想通貨が下がっていくのをただ見てた

 

これです。僕が購入した金額が1番の高値だったという事ですね。とりあえず当分は放置したいと思います。というかすべて忘れ去りたいっっ!

 
そんなことより今回は「」の話です。タイトルを見る限り鼻毛とか眉毛とかそこらへんの話と思うかも知れませんが、そうではございません。
 

お尻の毛
アソコの毛

 

です。ここらへんの毛を放置している男性が非常に多いという事です。鼻毛や眉毛はケアするのにデリケートの部分は一切ケアしない。なぜだ!!

このデリケートの部分というのは見えないからこそ、ケアしないといけません。お風呂場でもキッチンでもどこでもそうですが、見えていない部分ほど汚れがあるものです。

 
アソコの毛なんて、常に日が当たらず蒸れている状態です。その状態にも関わらず毛が生い茂っている。こんな不衛生な状態はなかなかありません。

お尻の毛も同じです。ってかお尻の毛なんてう●こ出てくる所ですからね。それが毛に付いて、、
 
 
いや普通に汚っ!!
 
 
※ここでいうお尻の毛とは肛門周りに生えている毛(ケツ毛)の事を指します。
※アソコの毛というのは陰毛の事を指します。
 
 

僕は、定期的にアソコの毛を剃っています。そして、お尻の毛は恐らく90%は抜けているのではないかと自負しております。アソコの毛は剃りで、お尻の毛は抜きで行っております。いつか脱毛したいと思っている程です。

 
今回はデリケートの部分を剃る事、抜く事によってどう変わるか。僕がお伝えしますので、ぜひ今日からアソコの毛、お尻の毛を抜き去って下さい。むしろこのブログを見ながら抜き去って下さい。
 
 
 


・シンプルに清潔・キレイになる


 
まぁ1番のメリットはこれですね。先程もお伝えしましたが、デリケートな部分ほど蒸れやすく汚れやすいです。そこに毛が巻き込んでそれはそれは蒸れて大変な事になっております。

これからの梅雨シーズンに向けてぜひ剃って欲しいと思っております。

 


・毛が巻き込まなくなる


 

世の中の男性の5〜6割が上野クリニックと言われています。

OK76_marukaburi20141221135231_TP_V

この上野クリニック、毛が長いと上野のクリニックの皮に巻き込んで凄い事になります。内輪差とかそういうレベルではなく、もう凄いレベルで巻き込んでいきます。

それも毛を剃る事で巻き込み事故がなくなります。上野クリニックである事は変わりませんが、清潔な上野クリニックになる事間違いなしです。

 


・でかく見える


 

男の象徴ともいえる、アソコ。毛がなくなる事で、でかく見えます。髪の毛が頬にかかっていると顔が小さく見えますよね。女性はあの技術を駆使して小顔に見せています。男性なら逆バージョンでいきましょう。毛を剃る事で小さく見せていたものが大きくなり男として一段階アップします。

外国人のアソコが大きく見えるのには実際に大きいだけでなく毛がないという事も要因にあります。

 


・お尻がとても清潔。


 

たまに銭湯とかいくと、お前はカカロットかとツッコミたくなるぐらいのケツ毛を出している人がいます。こういう人って洗ってもケツ毛がキレイになるだけで肛門は全然キレイになっていないですからね。

 
お尻の毛を全抜きする事で肛門にダイレクトにアクセスする事が出来ます。

 
 
というメリットばかりです。毛がなくなる事でのデメリットなんて何もありません。あるとするとならケジラミ的な性病と間違われる事ぐらいですね。
 
 
ってデメリットすぎぃぃ!
 
 

と思ったのですが、それはすでに昔の時代。今は剃っている人も多いので性病と間違われる事も少ないと思います。
 


・ケアの仕方


 
アソコの毛は簡単に剃れます。カミソリタックルばりの鋭さで剃ればいいだけです。

お尻の毛を抜くなんて汚いと思うかも知れませんが、その汚い毛をずっと飼いならしている方が汚いです。今すぐ抜きましょう。

なのでお風呂でお尻をキレイに洗って、肛門周りの毛を掴み、ブチ抜くだけです。とても簡単です。初めは痛いかも知れませんが、慣れてしまうとクセになる事間違いありません。

 
ただ、気をつけてほしいのが、金的な部分の皮膚が湯葉みたいになっているので伸びて痛いです。そこだけ注意して下さい。

 
スポンサーリンク

 
 

まとめ

夏シーズンに向けてすべての毛を処理する事で1つ上の男になれる事は間違いありません。剃っても何も変わらないならまた生やせばいいだけの話です。難しい事は考えず、今すぐお風呂に入ってお尻の毛をブチ抜いて下さい。