こんにちわ。behomaです。今回はイボ痔あるあるを言いたいので、朝早くからパソコンに向かっております。キモすぎ!

 
僕は15年間ぐらいイボ痔を抱えていました。もう、15年も抱えているとイボ痔ではなくボイジーという領域に到達します。そんなボイジーだった僕のイボ痔あるあるをお伝え致します。

 
スポンサーリンク

 

 

便器の水面に写っているのがウ●チと思ったらイボだった。

洋式便所に座った時にかがみ、便所の水を見ると水面に肛門の形が影となって反射で映ると思います。普通の方は2つに割れたお尻の形をしているのですが、イボ痔の人は2つに割れたお尻の間からイボ痔が出ています。

 
これを初めはウ●チと勘違いして、きばりまくるという現象が起きます。当然ウ●チじゃないので、何も出ません。イボ痔が真っ赤になっていくだけという辛い状態です。
 
 

外痔を内痔と勘違いする。

僕レベルのボイジーになるとイボ痔は複数あります。そしてイボ痔にも外に出来る外痔と中に出来る内痔というものがあります。内痔は肛門の中に押し込めばそのまま小さくなってスリープモードに入る事が多いのですが、外痔は肛門の外に出来ている痔なので、肛門に押し込んでも絶対に入りません。

 
しかし、初めは外痔とか内痔とかわからないので、外痔を肛門にぶち込んでしまいます。これをする事で外痔がどんどん大きくなって真っ赤になっていきますので気を付けましょう。
 
 

鏡でイボを見る時の姿に世界の終わりを感じる。

普通に考えて下さい。

 
 
裸で鏡の前にケツ突き出してケツの穴を広げる。それを今まで体験した事ないレベルまで首をねじって見る。
 
 

これは正気の沙汰ではございません。こんな事が日常で行われています。今も日本のどこからでそんな事をしている人達がいるのです。僕なんて目が悪いので鏡にケツが付くんじゃないかレベルまで近づけています。そうまさにその姿は世界の終わりなわけです。

 
 

処方箋で受け取る薬の量がエグい。

イボ痔の薬には基本軟膏が処方されます。痛みが酷い場合は痛み止めも処方されると思いますが、とりあえず軟膏の処方はマストです。この軟膏が2週間分というだけで少年ジャンプを買ったのかというレベルまで分厚くなります。

薬局は色んな病気の方が薬を取りに来ています。そしてそのほとんどが小さい袋におさまる薬ばかりの中、少年ジャンプばりの分厚い薬を渡された瞬間、周りの人に

 
こいつどんな大病抱えてんだ。
 

と思われている事間違いありません。

 
 

先生の書く肛門の絵が下手

初めての診察を終えると肛門の絵を書いて、

 
ここにイボ痔あるよー。中にもあるよー。
 

と絵を書いて教えてくれます。その絵がもれなく下手です。別に絵が下手だからどうって事はありませんが、とりあえず肛門科を先生が書く絵は下手です。

 
これは全国の肛門科を巡ったわけではありませんので、あるあるとは言えないと思いますが僕が東京、大阪、福岡の肛門科を巡った結果です。

 
 

肛門を見せる為に何時間も並ぶ。

これはあるあるではないですが、肛門科にいる人はもれなく肛門を見せる為にそこにいます。しかも僕が行っていた病院はめっちゃ人が多い。立って待っている人までいます。土曜日なんてUSJばりに混んでいます。
 
 
皆、どんなけ肛門見せたいんだっ!!
 
 
と言いたいわけです。僕なんて午前中に有給取ってまで肛門を見せに行っていました。

 
有給取って肛門見せにいってどうする。
 

と昔の僕に言いたいです。

 
スポンサーリンク

 
 

まとめ

イボ痔あるあるをどうしても言いたかったので無事に言えて良かったです。1つでも当てはまるものはあれば嬉しいです!