こんにちわ。アイコスを吸っていると健康になりそうなbehomaです。アイコスを2年以上吸っているとたまに言われる事があります。
 

「それ、副流煙大丈夫?」

 

これです。タバコを吸わない人からするとアイコスはただのタバコなんですよね。匂いが残らないから気づかなくて逆にヤバいと思っている方もいられるとの事。

 
確かにアイコスに興味がないと、普通にタバコを吸っている人に見えると思います。
 
普通の紙タバコは副流煙もあり、周りの人にも影響を与えます。だからこそ喫煙者はマナーを守った上で喫煙をしないといけません。ただ、マナーを守っていても副流煙というのは存在します。最近ではタバコを吸うとエレベーターに30分は乗ってはいけないというニュースも話題になりました。

そのぐらい世の中は受動喫煙に敏感なわけです。

 
スポンサーリンク

 
 

ただ、このアイコスを販売しているフィリップ モリスは臨床試験をよく行っております。そして今回も臨床試験の結果を発表致しました。
 
 
IQOS エアロゾルの受動曝露に関する臨床試験結果、「周りの方への悪影響(ニコチン、たばこ特異的ニトロソアミン)は認められず」
https://www.pmi.com/markets/japan/ja/news/details/IQOS-clinical-study-results

これです。リンク先には以下のような事が書かれていました。もっと詳しく知りたい方はリンク先を見て頂けますと幸いです。
 
 

引用

フィリップ モリス インターナショナル(PMI)は実生活環境下におけるレストランに滞在した被験者のIQOS エアロゾルの受動曝露に関する臨床試験を実施しました。主要評価項目(プライマリーエンドポイント)における試験結果は次のとおりです。

– 実生活環境下におけるIQOS 使用による、非喫煙者のニコチンへの曝露量増加は無かった。
– IQOS 使用による、非喫煙者のたばこ特異的ニトロソアミン(発がん性物質として知られる)への曝露量増加は無かった。
– IQOS 使用による環境中たばこ煙の発生は無く、屋内空気中のニコチン、たばこ特異的ニトロソアミン、吸入性粒子(PM1, PM2.5)を測定した結果、屋内空気環境に悪影響を与えていない。
– 現在存在する検出方法で測定可能な限り、IQOS エアロゾルの受動曝露による周りの方への悪影響(ニコチン、たばこ特異的ニトロソアミン)は認められなかった。

引用終わり

 
曝露量は化学物質や物理的刺激などに生体がさらされることを言います。難しすぎぃぃ。高卒の僕には全くわからない言語でした。

そんなことよりこの臨床試験、計397名を対象に東京のレストランで検査を行ったという事。そしてアイコスの使用によって、屋内空気環境や非喫煙者の身体に影響を与えていないという事が試験結果として出ました。

 
 
いや、アイコスすごくね。
 
 

今までかたくなにアイコスは周りに迷惑をかけないと言い続けて良かったなと個人的にも思っております。こういう試験結果がもっと認知されると、フィリップ モリスが目指す「煙のない社会」を実現出来るのではないでしょうか。

 
スポンサーリンク

 
 

まとめ

こういう理由もあってか、アイコスの利用者はなんと500万人を超えたみたいです。500万人の人が少しでも迷惑をかけないようにしていると思うと泣けてくるじゃないですか。(泣けてはこない)

今後、非喫煙者の方もアイコスならいっかと思ってくれれば最高です。