GW中、子供の面倒で筋肉痛が凄いbehomaです。皆様は良いGWをお過ごしになられたでしょうか?

今回はMacBook Proのお話です。僕は結婚をしており、お小遣い制でございます。お小遣い制の辛いところは

 
大きな買い物が出来ない。
 

これです。普段家計を管理して頂いているのはとてもありがたいのですが、やはり大きな買い物が出来ないというのはなかなかつらいものです。

 
スポンサーリンク

 

特にパソコンなんて土下座、いや土下寝をしても買ってもらえません。パソコンが好きな奥さんならまだ理解があるとは思うのですが、パソコンに興味がない奥さんに仕事で必要だから欲しいと言うと、
 

「堀江さんはスマホのみで仕事してるらしいよ」

 

という職種を無視した論破が飛んできます。
 
しかーし、奥さんが年に一回ぐらい最高に機嫌の良い日がございます。そこを狙えばワンチャンスあるという事で今回はそのタイミングを狙いMacBook Proを購入して頂きました。

 
やはりMacBook Pro。早い。以前はAdobeのソフトを立ち上げると同時にトイレに行って時間を潰していた僕ですが、MacBook Proにしてからあまりの起動の速さにトイレにいく事もできなくなりました。それぐらい早い。
 

これ1台で僕の仕事は十分まかなえており、外出先でも家でもこれ1台で過ごしております。MacBook Pro最高です。
 
 

ただ、このMacBook Pro。どうしても面倒な事が一点ございます。それが
 
 
USB Type-C
 
 

m2
ここの部分です。僕が持っているMacBook Proの2017年モデルはUSB Type-Cしか付いておりません。もちろんわかった上で購入しています。初めて見た時は
 

「さすがApple。シンプルで最高だね。」

 
 

と腕を組みながら上から目線で言うほど気に入っておりました。しかし、実際使ってみると

 
 
「いや、メンドっっ!!」
 
 

これです。まじで面倒くさい。奥さん側の親戚付き合いばりに面倒くさい。何が面倒かって、USB Type-Cしか付いていないからSDカードとか外付けハードディスクが直接挿せないっ!!

 
何度も言いますが、分かった上で購入しています。購入する前は
 

「USB Type-Cしかないから、外付けハードディスクとかSDカードはハブで接続だなー」

 

みたいな事をニコニコしながら言っておりました。
 

しかし、今は鬼のような顔をしながら、ハブをつけて外付けハードディスクやらSDカードを挿しております。これ、長時間の作業ならハブをつけても全然ストレスになりません。しかし、10分程度作業したいだけとかに顔が鬼になります。

 
「SDカードの中にある1つのJpegファイルだけ確認出来れば良いのに、なぜハブが必要なのだ。」
 

まさにこんな感じにつぶやいてしまいます。ハブを付ける時間を生涯で換算したら2日ぐらいにはなるのではと思っているぐらい、今ハブに縛られている状態です。
 

外付けハードディスクとか、USB Type-Cのモデル買えよ。という声。わかります。

 
 
いや、そんな金ないからっ!!
 
 

お小遣い制の僕にそんなリッチな外付けを買う資金はございません。そしてSDカードの中身見たかったら結局ハブがいるじゃないかーっ!!

 
 
結局ハブがいるじゃないかーっ!!

 
 
と2回言いたいぐらいハブがいるじゃないかという感じなのです。

そもそも、MacBook ProはノートPCの中でもハイスペックにあたります。ハイスペックでやる事は画像編集とか動画編集とかも含まれると思うんですよね。せめてSDカードぐらいは挿せるようにして欲しかった。

 

 

因みに僕が使用しているハブはコチラなのですがハブ自体は全然悪くありません。むしろここまで接続出来るものを作ってくれて本当にあざすっ!!といった感じです。これ1台あれば僕が使用したいものは網羅しているので本当に助かっております。
 

 
スポンサーリンク

 
 

まとめ

何をするにしてもハブが必要なMacBook Pro。しかし、なんだかんだで気に入っております。今後もストレスになってくるとは思いますが、Adobeソフトの起動の速さなどを考慮するとトントンではないでしょうか。

今はWindowsでも素敵でオシャレなパソコンが発売されていますが、やはり買った時のワクワク感はAppleが1番だなーと思っております。

あと2年後には新しいMacBook Proに買い換えるとは思いますが、その時に何かうまい事いっている事を祈ります。