どうも水が大好きbehomaです。
 
 
スポンサーリンク

 
 
先日の記事
 
 
でもご紹介したとおり、水ばっかり飲んでおります。そして、水から派生して炭酸水にハマっております。そう、ウィルキンソンです。
 
 
このウィルキンソン。マジで強炭酸です。お風呂上がりに飲むと刺激でぶっ飛びます。喉が痛い痛い。ただ、毎日飲んでいると値段も馬鹿になりません。困ったものです。そこで悩んだ僕は自宅で炭酸水を作る事にしました。
 
 
IMG_7077
 
 
ソーダストリームです。これが想像の5倍良かった。これにしてから晩御飯は炭酸水を必ず食卓に置いてご飯を食べております。炭酸水を飲むとお腹が膨れるのでご飯3杯の所、2杯で済むというダイエット効果もあると僕の中で評判です。
 
使用方法もとても簡単で、専用の容器に水を入れて冷蔵庫で冷やした後にこのソーダストリームで炭酸を入れて完了です。
 
 
IMG_7078
 
 
この先から炭酸が出まくります。初めは戸惑いますが、慣れてしまえばこのシュワシュワが快感になる事は間違いないでしょう。そんなソーダストリームですが、メリットもデメリットもございます。それを今回はお伝えしたいと思います。
 
 

ソーダストリームのメリット

 


・炭酸の強さを調整出来る


 
まぁこれは普通の事ですが、炭酸の量を調整する事が出来ます。僕は強めにしていますが、マイルドな感じにしたいと思ったら注入の時間を少なくすれば済むのでとても簡単です。
 
 


・電源がいらない


 
IMG_7079
 
電源が必要っぽい見た目をしていますが、電源は不要です。地味ですが、めっちゃ便利です。コードがないのでどこでも設置出来るのは最高でございます。ってWARNINGの表記多すぎて怖すぎぃぃぃぃ!
 
電源であるのが当たり前の世の中ポイズンになってきましたが、電源が不要なだけでここまで便利なのかと思わせてくれるでしょう。
 
 


・場所をとらない


 
炭酸水を24本セットなどで購入すると置き場所に困ったりもしますが、ソーダストリームはそこまでも大きくないので場所も取らないのが1つのメリットと言えるでしょう。
 
 

ソーダストリームのデメリット

場所もとらないどこでもいつでも炭酸水が飲めるというのがメリットでございます。しかし、メリットだけではございません。ここからデメリットにいきたいと思います、
 


・炭酸が抜けるのがボルトなみに早い


 
これはガチです。めっちゃ炭酸抜けるの早いです。ウサイン・ボルトもびっくりな早さでございます。ウィルキンソンなどの炭酸水は抜けにくいように設計されているのでしょう。2日目なんて微微微炭酸ぐらいになります。その日ぐらし感が半端ないので、僕は毎日飲む分だけ炭酸を入れております。
 
とはいっても炭酸水を何日もかけて飲む事がもともとなかったので僕の中ではあまり欠点ではございません。
 
 


・ガスシリンダーが高い


 
IMG_5787
 
炭酸水を作る上でかかせないソーダストリームのガスシリンダー。ここから炭酸が注入されます。もちろんこれは有限で、使うとなくなります。そのたびに購入しないといけないのですが、
 
 
値段は4000円ぐらい。結構高くないですか?60L分注入出来るので、コスパ的には良いと思わせますが、この60Lは炭酸の強さによって変化します。僕のようなもっと炭酸くれくれ!!だと60Lを大幅に下回ります。そのため、コスパが良いかと言われると謎な部分ではございます。
 
 


・ガスシリンダーの交換が面倒


 
交換の作業自体は簡単に出来るのですが、問題は使い切った後のシリンダーです。ようは燃えないゴミとかで捨てる事が出来ません。そのため業者さんに送る手間というのが発生します。
 
これ、普通に考えて面倒じゃないですか?いや面倒ですよね。どれぐらい面倒かというと嫁の奥さんの親戚付き合いぐらい面倒です。いやめちゃめちゃ面倒すぎぃぃぃぃぃ!とりあえず、交換頻度は低いとは言えないので面倒っちゃ面倒です。
 
 
スポンサーリンク

 
 

まとめ

正直、デメリットよりメリットの方が上回るかなといった感じです。炭酸水をあまり飲まない人はデメリットの方が多いですし、そもそも買わない方が良いと思います。
 
僕は購入したものの半年は開けないというテンションの低さでした、でも開けてみると気づけば炭酸水を作っている日々でございます。
 
気になる方は一度試してみてはどうでしょうか?