どうも、Apple大好きbehomaです。大好きと言いつつもOSのアップデートだけはいつも不安。なのでOSのアップデートを見送ることもしばしば。
 
しかしですね、今回のmacOsはアップデートしたいと思えました。なぜならダークモードを使いたいからっ!!
 
 
スポンサーリンク

 
 

macOs-Mojave

mojave4
 
 
モジャべじゃないです。モハベです。呼び名はどうでもいいのですが、今回Sierraからのアップデートです。なぜかHeighSierraはなんかテンションが上がらずアップデートは見送っておりました。adobeのソフトが重くなったり、バグったりするのは本当に嫌なんです。なので毎回他のmacユーザーのレビューを片っ端から見てアップデートするかどうかを決めます。俗にいうクズというやつです。
 
そんな僕ですが、今回はあまり他の方のレビューも見ずにアップデートを行うのにはこれがあります。

 


・ダークモード


 
mojave
 
これです。いや普通に格好良すぎやろっ!!一目見てアップデートすると決断しました。重かろうが、落ちようがダークモードがあるなら我慢できる。まさにそんな感じです。服装がおしゃれな人って少し寒くても我慢して奇抜なファッションとかするじゃないですか?まさにあれです。
 
そんな僕のどうても良い前フリは置いておいて早速アップデートをしていきます。アップデート方法はめちゃ簡単で、
 
AppStore →Mojaveをダウンロード→macにインストール
 
高卒の僕でもわかるので大卒の皆さんは一瞬でわかるはずです。
 
mojave5
 
こんな感じで6GBのMojaveをダウンロードしていきます。
 
 
mojave7
 
ちなみに僕のmacbookproのスペックはこんな感じです。結構昔の機種はMojaveに対応していないこともあります。その時はAppStoreで事前にダウンロードする前にわかるので、もし対応していない場合はモジャべこの野郎!!といいましょう。
 
 

Mojaveを使ってみて

無事にインストールが完了しました。早速ダークモードに変更します。
 
 
mojave8
 
 
めちゃめちゃダークやんけー!!
 
 
まさにダークオシャレやんけーといった感じです。この画面だけで仕事出来る感が半端ないです。ちなみに今回はAdobeも問題なくサクサク動きます。今の所アップデートによる不具合は感じません。
 
 


クイックルックが便利


 
もともと、クイックルックはあったのですが、さらにパワーアップしました。Finderで画像などを選択してスペースバーを押すだけでトリミングとか注釈などが出来るようになりました。もうこれで、トリミング時にフォトショップを開かなくて良いと思うと感動しますね。
 
個人的には解像度とか変更出来れば最高だったのですが、解像度変更とか優先順位が明らかに低そうなので我慢します。
 
 


スクショ後にすぐに修正出来る


 
パソコンでは良くスクショを撮ります。その時にデスクトップからじゃなくすぐに修正出来るようになりました。これはiPhoneXと同じですね。めちゃ便利です。

 
 

Mojaveの気になる所

しかしこのダークモード。ちょっと面倒な所がいくつかあります。

 


メールのダークモードは見づらい


 
これはパソコンの設定によって異なると思うのですが、メールをダークモードで使用すると引用の色とかが非常に見づらいんですね。背景が黒なので引用の色が見にくい場合もあります。その場合は引用の色を変更しましょう。
 
mojave1
 
メール→環境設定
 
 
mojave2
 
フォントとカラーで引用の文字の色などを変更出来ます。
 
 


safariがシークレットモードかどうか不安


 
ダークモードは全体的に黒いです。そしてシークレットモードも黒いです。これがやばい。たまにエロ動画を全力で見る僕にとってはこれは死活問題。お仕事でMacを使用している方はここは注意しておかないと気づいたら閲覧履歴が大変な事になって上司から呼び出しなんて事もあるかも知れません。
 
 
スポンサーリンク

 
 

まとめ

正直慣れるまで結構時間がかかります。僕自身もう完全に慣れましたが、やはり見にくいと思う事もあります。そういう時はデスクトップの背景だけダークモードにしてほかは普通にしておけばダークっぽさは感じれると思っています(意味なさすぎぃぃぃ)