みんな大好きジェネリック。どうもbehomaです。病院マスターの僕からするとジェネリックで処方してくれる先生に信頼を置きがちです。今回はヘルペスのお話。毎度毎度ヘルペスが再発するのでバルトレックスを個人輸入することもしばしば。
 
 
僕のヘルペスの再発率は80%ぐらいでループしてるんじゃないかというぐらい再発率が高いです。ヘルペスが出来ると頻尿になったり、股間周りの違和感がエグいです。そのためほぼ毎日バルトレックス1000mgを半分に割って一日一回飲んでいます。
 
ようは再発する前に抑えるという技です。飲む前に飲むというウコンの力がありますが、それと同じで出る前に飲む!まさにヘルペスの力といえます。(いえない)
 
 
スポンサーリンク

 
 
毎日バルトレックスを飲んでいると再発する前に抑えるので気にならなくなるのですが、気にならなくなると
 
 
 
もうヘルペス再発しないんじゃね?
 
 
 
といってバルトレックスを飲むのをやめて速攻再発するというコンボを味わっております。たまらんです。
 
 
毎日摂取するとバルトレックスも大量に必要になってきます。365日、1日1回500mg摂るとして1000mgのバルトレックスが182錠いるわけです。182錠ですよ!182錠!!!!
 
 
 
お金がいくらあっても足りんっ!!(泣)
 
 
 
まさにこれです。という事で僕は色々調べました。そして見つけました。バルトレックスのジェネリック【バルシビル】です。
 
valcivir
[バルトレックスジェネリック]バルシビル(Valcivir)1000mg
 
ジェネリック医薬品は、同じ成分で製造され同じ効果が期待できるのでぶっちゃけ一緒です。だからヘルペスで悩んでいる人はこっちの方が良いかと思います。バルトレックスとバルシビルどれだけ安いかを計算してみます。(円高の影響などで値段に誤差はあります)
 
 
バルトレックス(Valtrex)1000mg9
バルトレックス(Valtrex)1000mg
1000mg×84錠=¥10,303(オオサカ堂)
 
 
valcivir
[バルトレックスジェネリック]バルシビル(Valcivir)1000mg
1000mg×90錠=¥10,590(オオサカ堂)
 
 
 
いやそこまで変わらんっ!!
 
 
 
 
スポンサーリンク

 
 

まとめ

とはいっても6錠の差はまぁまぁデカいんじゃないかと思っています。6錠を半分に割ると12錠、12日間は有利にゲームを進めれれるわけなので。ただジェネリックならもう少し安くても良いんじゃないかという思いもあります。(切実)
 
ジェネリックなどを気にしない人は一度試してみてはいかがでしょうか。