お疲れ様です。behomaでございます。いや、もう夏ですね。
子供も早いものでもう3歳なので今年はプールデビューの予感がすごいです。
 
このぽっちゃりボディーを披露するのが恥ずかしのでプールでTシャツを脱げない。まさにタトゥー入ってるから脱がない人みたいな感じになりそうです。
 
 
スポンサーリンク

 
 
そんなことより今回は外付けのSSDのお話。昔ってポータブルSSDってめっちゃ高かったんですが、今って結構下がっていますよね。
 
 
僕が持っているポータブルSSD、1年前に購入したSAMSUNGの1TBも購入時だと4万円ぐらいだったのですが、今アマゾンで見ると2万2千円ぐらい。って逆に下がりすぎぃぃぃぃぃ!!
 
 
 
 
500GBだとさらに安い、1万3千円ぐらいで購入出来ます。
 
 
 
まさに激おこプンプンなのですが、実はさらに安く外付けSSDを作る事が出来るわけですね。それが

 
 
 
PCに内蔵するSSDをケースにぶち込むという技です。
 
 
DSC05959
 
これ知っていました?僕、全然知らなくて知った時は 小野妹子が男だったばりにビックリしました。
 
 
PC自作とかに使う内臓SSDとかって絶対に僕らには関係ないものっていう認識じゃないですか?でもこれが簡単に外付けSSDに変身します。
 
 
今回作ったのは、内蔵SSDは500GBで7千円ぐらいでケースが1000円ぐらいなので、実際8000円ぐらいで作る事が出来ます。いい時代になったものです。
 
 
SAMSUNGのポータブルSSD500GBで1万3千円ぐらいなので、5000円ぐらいは安くなりますね。もちろん頻繁に持ち運びするならSAMSUNGのポータブルSSDを買ったほうが得とは思うのですが、PS4とかに使用する場合や持ち運びしないPCで使用する場合などは作った方が安く仕上がるので良いかと思います。
 
 


早速作る


 
 

DSC05951
 

今回購入したのは
 
 
シリコンパワー SSD 512GBと2.5インチ HDD/SSDケースです。SSDは安さ重視で、ケースはレビューが良いものを選びました。
 
DSC05953
 

 
 
DSC05954
 
 
 
作り方はとても簡単で、ケースにSSDを挿入するだけです。
 
DSC05959
 
 

それだけで外付けSSDが完成します。簡単に認識してくれます。
ぶっちゃけケースの開け方がわからなかったので苦戦しましたが、一度入れてしまえば開ける事もあまりないので、気にしなくて良いかと思います。
 
 
DSC05961

使用した感想としては
 
 
 
普通に使える。ビビるぐらいSSD(早い)。

 
 

ちなみにこういうケースは内蔵HDDにも対応しているので、安い3TBぐらいの内臓HDDを購入して外付けHDDとして運用するのもありかと思いました!

 
 
スポンサーリンク

 
 

まとめ

すでに知っている人ばかりだとすごい恥ずかしいのですが、周りにもあまり知っている人がいなかったので記事にしました!
 
 
少しでもお役に立てれば嬉しいです!